感染症リスクに取り組む株式会社保健科学東日本

株式会社保健科学東日本は、最新の医療技術を駆使し、健康診断のための各種検査を提供する会社です。生活習慣病や各種感染症の検査ができるのですが、今回は感染症に関する検査についてご紹介します。

2005年、株式会社保健科学東日本は日本大学医学部から技術提供を受け、結核性髄膜炎Nested PCR検査を開始しました。その後、同社独自の技術によって、より受託検査がしやすい形に改良し、新規検査項目に加えています。これによって、結核性髄膜炎の検査が実施しやすくなりました。

ほかにも、株式会社保健科学東日本はノロウイルスに関する検査を実施しています。ノロウイルスは、免疫力の低い子供やお年寄りの場合、死に至る危険性がある重篤な感染症です。同社が提供するノロウイルスRNA検査によって、ヒトからヒトへの感染を予防することができます。

また、院内感染を防ぐ効果もあります。そのため、感染症を防ぎ、安全に医療機関を運営したいと考えるオーナーにもおすすめです。

株式会社保健科学東日本では、感染症に関するさまざまな検査を実施しています。ほかにも最新技術を駆使した性感染症のスクリーニング検査などに対応可能です。感染症予防を考える方は、ぜひ相談してみてください。